全国の空き家情報ポータルサイト AKIYA STYLE.

お問い合わせ

AKIYA STYLE とは?

AKIYA STYLE 概要

AKIYA STYLE は、空き家率の高い地方と都市を結び、田舎暮らしをしたい人と、空き家を提供したい人をマッチングをし、空き家のプランニング、相談、流通がワンストップでできるサービスを提供しています。


特に、女性や若者にも関心を持っていただくため、空き家の「ぼろい」「汚い」などのイメージを払拭し、スタイリッシュで快適な「空き家に住む」という新しいスタイルを提供していくのがこのAKIYA STYLE です。


都市と地方が共生して国民がゆとりと豊かさを実感し、安心して暮らすことのできる社会の実現を目指す、空き家に特化した事業を展開しています。

日本の古き良き時代の建物を利用して「もの」物を大切にしながら、快適で新しい空き家スタイルをご提案します。

また、空き家活用により、定住やUIターンなどの流通事業地域の街づくりに貢献するための提案も行います。

空き家の現状

現在日本には空き家が820万戸あり、空き家率は実に13.5%(7軒に1軒が空き家)の過去最高 となり、近年、全国の空き家は増加の一途をたどってます。

その原因は、空き家の所有者の空き家管理の必要性についての認識が、空き家のある地域住民に比べはるかに低いことや、所有者にとって空き家のままにしておくことに税制等のメリットがある、所有者が空き家管理に費用をかけることのメリットが感じられない、など多くの理由があります。

空き家予備軍も増加中で今後一層ニーズは高まり、このペースでいくと2030年には空き家率25%に達成すると言われており、非常に深刻な問題なのです。

現代は、働くスタイルや住のスタイルも、昔とは大きく変わろうとしています。

ただ移住するだけでなく、自分の価値観に合わせて週末の田舎暮らしやシーズンステイなど、多様になってきていますし、働くスタイルにおいても、ITが発達し場所を選ばず仕事ができるようになりました。いま若い人の間でこのよ うな働き方は注目を浴びており、地方創生の機運が高まる昨今、とりわけ若い世代が田舎暮らしや地域 おこしに関心を高めています。

だからこそ行政だけでは難しい、媒介までのワンストップサービスを提供でき、こうした取り組みによって、従来市場にでてこなかった空き家の流動化が進めば、空き家問題解決の一助になり、地域の雇用を生み出し地方創生にもつながると考えています。

主な活動内容

● 空き家所有者と空き家利用希望者のマッチング、仲介、契約までのサポート

● 各地方の不動産業者や、専門家の紹介

● 空き家、空き地有効活用の勉強会の開催支援業務

空き家プロジェクト提携企業